皆さんは、体に感情がある?って不思議な感じを受けますか?

普通に考えると、肉体と精神は別だから、体に感情があると

いわれると矛盾していると思いますよね?


でも、体も心もつながっているのです。


私が心理カウンセリングをしていると、体の不調を訴えるとき、

心の問題や悩みとつながっていると思われる傾向を感じ
るのです。

もちろん、当人は体と悩みがつながっているとは知らないで

話してくれているのですが。


この考え方に、例外が無いとは言いません。

でも、「病は気から」というように、心が体を壊しているケース
は多いのです。

体があらわす感情の例としてはどんなものがあるでしょうか?



最近は若者がことあることに、リストカットをします。

オフ会まであるくらいです。

リストカットする人たちの自助会ではなく、傷自慢の会とでも
言うような感じのオフ会もあります。

自殺したいのではないのです。

彼らはリストカットをしなければならない状況にあるのです。


体が表現する感情があるのです。

切ることに意味があり、手首に意味があります。

ほかの行動やほかの部位ではだめなのです。

部位によって個別の表現の仕方があるのです。




だから、「体の感情」の傾向を知ると、常に心と体の健康を心がけ

るようになり、病院に行く回数も減らせるし、適時ストレス

解消をする時間を作ることができるはずです。


私のところへくるクライアントさんは、心のケアで来る人も

居ますが、体調を治したくてくる方もいます。

病院へ行っても、薬を飲み続けても、治らない。

あまりにも痛いから、これはもう悪霊のせいではないか?

と祈祷に出かけている人もいます。

そして祈祷や悪魔祓いに何十万もかけている人が居るのです。

祈祷で心は晴れても、痛みは結局再発します。

祈祷しには、「除霊はしたけど、結果がでるまでは、時間が

かかる」といわれて、納得している人もいます。


「結果が出るまで半年は見てください」と言われても

「今まで痛みに何年も耐えてきたのだから、そのくらい待てる」

と思うらしいのです。

でも、それだけで痛みが消え、完治することはまれです。


でもそれは本当の原因を知らないからです。



体の感情を知らなければ、本当の痛みからの解放はありません。


体の感情を知らなければ、本当の体の不調改善に到達しません。


体の感情を知らなければ、本当の自分に気がつきません。


体の感情を知らなければ、本当の自分らしさを発揮できません。




では、「体の感情」とは、たとえばどのようなことでしょうか?

精神的ストレスがたまると、肉体的疲労感も感じ、早くお風呂

でゆったりしたいなぁと思ったりします。

精神的攻撃を受けると、体がこわばって、肩こりが激しく

なったり、顔は般若のような形相になったりします。

この程度ならば、皆さんも、心と体がつながっているとは理解

できるはずですよね。



でも、喘息だったら?

アトピーだったら?

膠原病だったら?



そこまで激しい症状だと、心との関係を考えるのは難しいと

思われますよね?

心と関係している部分があるとしても、それらが感情表現する

とは考えられませんよね?


今回は、そんな考えも払拭するため、私の体験を基にまとめた

「体の感情」をお届けしています。



「体の感情」に書いてある私の体験をチラっと、ここで

お話しますね。


先日、私の足がメチャクチャむくんでしまい、靴下がはけない

くらい
で、むくみで死ぬのではないだろうかと、心配するほど

ただごとではないむくみで、大変だったのです。

マッサージなんて効果ありません。

病院もあてになりません。



でも、足が発する「体の感情」を知ると、あれよ、あれよと

言っている間に、どんどんと足のむくみが引いてきました。

もちろん、日々のボディケアを同時進行で続けましたが、

足の感情に気づく前と気づいた後では、むくみの改善していく

スピードが極端に差が出ます。

家族も、驚くスピードです。


筋肉弛緩剤を毎日飲まなければ、マッサージを拒否される

くらい、激しい肩こりを持っていた私ですが、肩が発する

「体の感情」を知ることで、肩こりがどんどんと軽くなって

きました。


体の発する感情を知るだけで、体調が変わってくるのです。



この「体の感情学」の内容は、今回は第一弾としての発行ですので、厳しい症状や

病名についてはたくさんは書きませんが、

各部位と感情についての関係をお伝えしていきます。

部位が示す「体の感情」を知るだけで、生活がとても違ってくる

と思います。

病気や症状について知る前に、基本的な「体の感情」を知って

いただきたいと思います。

今後は、ご要望があれば、第二弾(仮)症状について、

第三弾(?) と増やしていく予定です。


お届けする内容の目次は。

1.足と心
1-1〕歩調
1-2〕足の指
1-3〕関節

2.内臓と心
2-1〕胃
2-2〕腸
2-3〕腎臓

3.背中と心
3-1〕肩
3-2〕肝臓
3-3〕腰

4.顔と心
4-1〕目
4-2〕鼻
4-3〕呼吸

5.まとめ
の5章です。

それぞれの章では、いくつかに項目を分けて説明しています。

ぜひお役立ていただきたいです。
必ずや、読んで良かったと思う内容です。




今すぐお申し込みを!

特別価格10,000円税込み

PDF173頁



<------------ Q & A --------- >
*これを学べば薬は全て要らなくなりますか?*

全く不要になることではないです。


医師の指導の下、服用しているのであれば、

医師の指導に反して、勝手にやめないでください。

医師は、治療プランを立てていますから、


そのプランに反したことはお勧めできません。


ただ、普段からケアして行くことで、

服用する薬を減せることは可能でしょう。

体調が良くなれば医師とも相談して

治療プランを変えてもらうよう話し合ってください。

中には、この「体の感情学」を知ってから

薬が全く不要になり、通院する必要がなくなる

ケースもあります。1例が私個人です。

この「体の感情学」を知って、次の日から

体調が全く不愉快でない状態になったケースもあります。



*これで、治らないことはある?*
もちろん、西洋医学的処置や手術などを

受けないと改善されない病気や体調はたくさん

あるので、この「体の感情学」が病気の

すべてを治せるのではありません。


ただ、傾向を知る事で、多くの病気や症状を

軽減する可能性は十分あり、私自身も改善

に役立てています。


また、医学的処置ではないため、

改善を期待することはできますが、

治癒、完治を目的にしたものではありません。

言い換えますと、当商品は全ての方に効果が

あることを保証するものではありません。

効果には個人差があります。




* 医学的に証明されている? *
はい、学会で発表されている知識や

すでに周知の事実となっている、知識や情報も

この「体の感情学」には含まれていますが、

ここのすべてが学会で発表されているのでは

ありません。


この「体の感情学」にあることは、私が普段の

カウンセリング中に発見した傾向や、自分自身の

体験、そして周囲の人たちを観察することで得た

知識を中心に書いています。

私は医師ではないため、データ取りをして

学会発表することはないです。

私が発見したことと類似の内容が、学会で

発表されている可能性は無いとは言えませんが、

その程度は私は確認していません。


それゆえ、私の発見や研究が医学的に証明

されているかどうかという質問でしたら、

私個人の研究に過ぎず、医学的に私の案が

認められたと言うことではありません。



* 副作用はありますか? *
一切ありません。

副作用などの影響があるほどの効果を

もっているならば、逆に怖いものであり、

皆様へご紹介できません。


私の経験範囲内においては副作用が認めら

れたことはありません。


また、心理的な考え方ですので、

「体の感情学」は治癒を目的にした技法、

医療行為を目的にしたものではないのです。




* 誰にも当てはまる? *
はい、基本的な考えは、誰しもが持つ傾向です。

ですが、この世には100%というものは

ありません。傾向と原因と症状が全員に

同じに現れるとは断言はできないです。


もし、あなたが、特殊な反応が出る方であった

としても、この「体の感情学」を知ることで

独自の対応方法を見出せることは間違いないのです。




* これは指南書なの? *
いいえ、ちがいます。

「体の感情学」は技法書でも指南書でもありません。

・体と心はつながっている、

・体のケアを考える以前に心のケアは大切だ、

・心が判れば、体も判る。

といった、体験による心理学の考え方です。


これを理解すると、体調は違ってきますし、

日々の管理も違ってくるはずです。

それゆえ、改善へ向かう可能性は十分ありますし、

改善のために利用していただければうれしく

思いますが、これは、技法の説明書ではありません。



* 理解が難しい内容? *
難しくありません。

難しい用語や、専門知識は書いてありません。

難しい考え方や理論が書いてある事はありません。

読んでいただければわかりますが、とても
理解しやすく、納得が行く書き方をしています。



* 理解できないときは質問できる? *

今回は質問受付をしていません。

ですが、メルマガをお申し込みください。

メルマガに登録していただければ、
今後、メルマガ登録者だけにお届けする
特別セミナー、より知識を深められる講習会、そして
優待価格での個人セッションを受けるチャンスが告知
されますので、対面で質問をなさってください。
メルマガ登録者限定の優待があります。
池田のお得メルマガにご登録ください!
メルマガ購読申し込み頁




今すぐお申し込みを!

特別価格10,000円税込み

PDF173頁


ご購入はこちら




ですが、今回は先着20名さまには、特別に
メールでの質問をお受けします。
20名様を過ぎた時点で特典は終了しますが、ご購入はしていただけますし、
メルマがを申し込んでいただいた方には、同じくセミナー優待もいたします。
メールの往復は1回だけです。
質問は、ご購入いただいてから1ヶ月以内です。 そして、質問内容は1つでお願いします。
普段は心理カウンセリングを行っているため、人数を
制限させていただきます。
昼は対面とメール、夜は電話とスカイプでのカウンセリング
を行っているため、たくさんの方を対応出来ません。
どうぞこの点をご了承ください。



特定商取引に関する記述

メール問い合わせ




Copyright Yoshiko Ikeda  All Rights Reserved