SaveYou

目次
前世療法
退行催眠
司法催眠
催眠って?
インナーチャイルド?
催眠は怖い?
戻る


前世療法(ヒプノセラピー):
退行催眠の一種。
前世にトラウマがある場合それを探し出したり、見つめることで、解決へ導く方法。
癒しを得たり、自己解決、自己再決断に有効なんです。 前世まで行かなくても、今世での過去の記憶(子どもの頃など)を呼び覚ます事で、解決へ導く事もあります。
前世療法は前世を扱うけど、前世は科学的に証明された物ではないの。あくまでもトラウマの解消や、そこにある原因を取り扱う療法として考えてね。それに、すべての問題に有効と言うわけではないので、症状によっては、退行催眠、前世療法を行えない場合もあるので、この点ご理解くださいね。
ページTOP▲
療法へ戻る





退行催眠
退行催眠も前世療法も催眠心理療法の一種です。前世と何が違うと言うと、前世も過去ですが、退行は前世に限定せず、今世でも、いまより前に戻る技法です。
退行催眠を売りにしているカウンセラーが多い中、私は退行催眠をそれほど重要視していないです。

 考えても思い出さない程度の問題はそれほど大きな問題ではない、と考えることもありますが、 思い出せない過去は思い出す必要がない、と考えているのです。 ご自身の無意識が思い出させていないので思い出せないわけで、思い出させない理由は無意識が止めているからです。 症状や問題によっては退行催眠は使わないようにしています。 「高校生時代のことがあまり覚えていないので退行して思い出した」という場合、 SaveYouは退行しません。当人は忘れることで今を生きているのです。 わすれる必要があったから思い出させないのです。 今、その記憶のなしに普通に生活をしているなら、思い出す必要はありません。 思い出さないために現在の生活に不具合が生じているなら、思い出す必要はあるかもしれませんが、 思い出さずとも、現在の問題を解決することはできるのです.

 でも、[結婚指輪を亡くしてしまったけど、どこに置いたか思い出したい]とか、[彼を怒らしてしまった言葉を思い出したい]とか、[ボタンを掛け違ってしまったのは、どこか?何か?]を知りたいとかならば、とても有効なので、お勧めです。
ページTOP▲
療法へ戻る



司法催眠は?
フォーレンシックという催眠をご存知ですか?アメリカでは法廷での証言として、催眠を使って、記憶を呼び起こさせるということが、用いられています。これは日本ではやっていないようです。記憶を思い出せるので良いのですが、罪を犯した人が身を守りたいと言う本能と、無防備に真実を語るという正反対の行動をどのように整理つけるのか、という疑問はあります。私は、心理療法としての有効性は大変信頼していますが、有罪無罪を判定する環境での使用には、否定的です。
ページTOP▲
療法へ戻る



催眠って何?
心理療法の一環で催眠状態に入って、解決への近道を与える方法です。 普段の生活からいろんなことを体験し、人間は学んでいきます。 その学びが自分にとって有効な学びもあれば、行動を制御してしまうプログラムを得ることもあります。 プログラムはしっかりと無意識といわれる潜在意識に保管されます。 脳に硬く固定されてしまった、こまったプログラムを消去するためには、催眠状態で行うほうが有効な場合があります。 催眠によって、潜在意識に新たな情報を組み込むのです。記憶が入れ替わるのではなく、プログラムを修正することで、行動に制限がかからなくなります。

   たとえば、「なぜか、大勢とは飲みにいけない」というのであれば、その「プログラムを修正すれば、大勢の飲み会でも参加できるようになる、ということです。そのほか、あがり症、集中力が足りない、悪い癖を無くしたい、努力は充分したが確固たる自信が無い、食べすぎを止めたい、実力を本番で発揮できない、1回の失敗で自信を失った、もっと理想の自分に近づきたい、変わりたいなど、生活に影響することがらの改善には、催眠療法を併用するのは良いと思います。
普段、アロマセラピーや他のリラックス法を用いても、満足したリラックスできない方にもお勧めです。道具を使用しない分、安心して受けていただけます。
 精神面だけでなく、肉体面にも有効なセラピーです。慢性的な腰痛や、頭痛など、痛みが原因で精神面が不調になったり、痛みがひどすぎて生活行動が制限されてしまって困る、という方には、痛みを和らげるために催眠を使います。

  では、催眠心理用法が使えない例はあるのか?と言えば、必ずしも全員が直ぐに催眠状態に入れるかと言えば、そうでもなく、催眠状態に入れるようになるのに時間がや回数が必要な人も居ます。これはクライアントの心の加減です。また、心が見たくないと思っている部分やいいたくないと思う部分には、答えが出てこないのです。
どんな人が催眠に入るのに時間がかかるかというえば、自己防衛の強い方です。もし自分で自己防衛が強いなぁと思われるのであれば、催眠療法をお受けになるよりも、アートセラーピーや対話によるカウンセリングでじっくり時間をかけて問題解決を求められるほうがお勧めです。
  では、どんな人に向いているかと言えば、集中力が高い人、思考力が高い人、心が純粋な人、自己開示が素直に出来る人、本気で取り組もうとしている人などには、成果が出るのが早いでしょう。
  例えば、ダイエットしたい人の場合、断食も出来ないし、ダイエットすると思えば思うほど、食欲を抑えることが出来なくなり必要以上にたべてしまっい、胃がパンパンでも吐くこともできないから、どんどん太るというケースがあります。
このような場合は、食べてしまう心的要因を探らなければなりません。Saveyouは心理療法を提供するところであってダイエット・サポート・センターではないので、ダイエット食の提案やどのようにカロリーをコントロールするかと言う現象に対する対処法を提供するわけではありません。
  心理療法を提供するのですから、なぜ、食事をコントロールできないのかという心的要因をみていきます。摂食の異常を引き起こす心を、一般的生活レベルに合うように戻すことがSaveYouの施すところなのです。
 でも、原因がわかれば、たぶん苦労はしないでしょう。
  その心的要因を催眠状態で無意識に問いかけて改善を施していくわけです。決して魔法ではなく、無意識へ問いかける地道なことをしていくのです。




インナーチャイルドって何?
インナーチャイルドは、心の中にいる自分という感じです。スピリチュアル系でも使われますが、心理療法でも扱う言葉です。意味は同じですが、「本当の自分」「前世も過去世も未来も一緒に旅する自分」「魂レベルのピュアな自分」「無意識にある眠っている自分」「感情としての自分」などと色々と定義は出来ると思います。心の状態を知りたいとか、魂レベルでの自分の課題や学びを知りたいなどといった時に、会いに行きます。催眠でこころ奧深く無意識層へ入って行き、インナーチャイルドに会いに行き、問題を解決する催眠心療法の一種です。これと同じく、守護霊やハイヤーセルフ、賢者に会いに行くというのも同じ手法です。守護霊などに会い、人生の課題や、いま直面する課題の意味、可能性を知るためにアドバイスをもらったり、どのような解決方法があるのか教えてもらうことを目的とした手法です。霊能者に「貴方は。。。です」と言われるよりも、自分で体感し、自分で知ることが出来、自分で納得できる手ごたえを得られるので、霊能者やスピリチュアルカウンセラーに回答を求めるよりも、前進し易くなります。
インナーチャイルドは必ずしも子供の姿とは限らず、天使やイルカという姿の人もいました。
女性のクライアントのインナーチャイルドが必ずしも女の子や女性やメスとは限らず、着物姿の少年だったり、オスの子犬だったりということもありました。
  ハイヤーセルフも人の姿ではなく、色光だけどか、渦のようなエネルギーの姿とか、球状物体として現れるとか、音声だけしか現さないとか、それぞれのようです。

あなたのインナーチャイルドはどんな姿でしょうね?貴方の守護霊やハイヤーセルフはどんな姿で現れてくるのでしょうか?楽しみですね。

    ***これも、霊的現象ではなく、心理学的に療法として扱われる手法です。本当に守護霊の姿も、いまあなたの心の状態で、この形が一番良い姿であると判断されてその姿で対話をするのです。ですから、形状が重要ではなく、あくまでも、問題を解決する手段として有効なのです。




催眠は怖いと思う方へ
催眠を受けると、人格を失うの?催眠中に気分が悪くなりそうだけど?催眠は睡眠状態? などと、質問だれる方がいます。 催眠状態は一言で言えば、リラックス状態。リラックス中に苦しんだり、気持ち悪くなる人は居ませんよね? もし、催眠中に具合が悪くなったら、それは催眠にかかっていません。もちろん、たとえば、トラウマを探すために催眠に入ったら、再度トラウマ体験をするのですから、その体験中には、同じように苦痛を感じることはありえます。ただ、催眠によって具合が悪くなると言うことはリラックスしていないということになり、催眠にかかっていないことになります。催眠状態は大変気持ちが良いです。過去に体験した色々なリラックス法のどれよりも、とても気持ちの良いリラックス状態ですから、一度体験すると、催眠状態になりたくなるくらいです。
また、催眠中は意識不明にはなりません。意識はちゃんとあります。素の自分にはなりますが、人格が失われることはありません。人格変換(性格を変えたいなど)を希望される場合であっても、今までの自分が消えるのではありません。間違った理解=プログラムを変えるだけです。貴方が変わるのではなく、考え方が変わるのです。

copyright reserved by saveyou
勝手にこのHPの内容を使わないでね
HPなどにお使いの場合は、URLとSaveYouのサロン名を明記しリンクをお張りくださいね。